Whitepapers

BridgeSwitch のハードウェア ベースのモーター異常保護による製品安全認証の簡素化

モーターが組み込まれた家電製品は、国際的な安全基準で規定された特定の要件に準拠することが求められます。統合型ハーフブリッジ アーキテクチャの BridgeSwitch は、フェイルセーフで冗長化した独自のローサイド及びハイサイドサイクル・バイ・サイクルのカレントリミット機能を有します。これにより、異常動作時のモーターの保護をその保護のためのソフトウエアに依存することなく、保護装置として機能させることが可能です。このソフトウエアに依存せずにモーターを保護することにより、安全基準認証プロセスを大幅に簡素化及び短縮することを可能にします。

Bridgeswitch ライブラリ - 異常通信インターフェイス

This archive contains a code library and application programming interface (API) for an exemplary implementation of the BridgeSwitch IC FAULT communication interface using a Cypress PSoC microcontroller. It includes a PSoC Creator IDE version 4.1 project file, C++ code examples to support the API, and documentation on the available functionality.

Direct Use of Bridgeswitch Current Sense Signal Output in Field Oriented Control of Brushless DC Motors

High performance motor drives commonly use field-oriented control (FOC) since it offers smooth and efficient operation throughout the entire speed range. BridgeSwitch offers a unique function by providing a small signal output that is an instantaneous representation of the positive phase current. This function can eliminate commonly used discrete current sense resistors and associated amplifiers, thereby reducing cost and design complexity.